発毛に効果的なフィンペシア

薬

日本人男性のおよそ3人に1人の割合でAGA(男性型脱毛症)に悩む人は存在していると考えられており、近年ではAGAに対する専門的な治療方法や専門クリニックが数多く誕生してきています。AGAとは男性ホルモンの過剰分泌によって生じる脱毛症であり、問題を根本的に解決するためには男性ホルモンにアプローチをする専門的な治療が必要不可欠だと考えられるのです。AGAを引き起こす男性ホルモンの一つとしてDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンがあります。

このDHTが過剰に生産されてしまうことで抜け毛が促進されてしまうと考えられており、DHTの生産を抑制することが有効な治療方法として認められているのです。
AGAの治療薬として最も有名でポピュラーなもののとしてフィンペシアという薬がありますが、フィンペシアは元々は前立腺肥大症の治療薬として使われていたものですが、DHTの生産を抑制する効果が認められたためAGA治療薬として利用されるようになりました。

フィンペシアは服用することで抜け毛を抑制し、発毛のサイクルを再び正常化させる効果が期待できます。3ヶ月から6ヶ月程度連続して服用を続けることで発毛サイクルを復活させることができると考えられており、現在では世界60カ国以上で利用がされているのです。FDA(米国食品医薬品局)に認可されている薬ですので副作用も少なく安心して使うことのできる専門治療薬となっているのです。